BBクリームは時短でベースメイクが完成する優れもの

BBクリームは、一つで簡単にベースメイクが完成する、とても便利で時短になる嬉しいアイテムなので使っています。

忙しくてしっかりとベースメイクに時間をとれないときなど、BBクリームを使って、そのあとにフェイスパウダーを使えばきれいに仕上がるので助かっています。

ですが、しっかりとしたメイクをしたいとき、長時間のメイクをする予定の時だと、BBクリームだけだと不安だったり、仕上がり面でも満足できないところがあるので、その時は使わなかったり、BBクリームを下地として使ったりしています。

商品によっても違うとは思いますが、正直なところ、下地も様々な商品が発売されていて、美容成分が入っているもの、しっかりカバーできるものなど様々なので、カバー力のある下地と比較したときに、BBクリームと下地の違いがよく分からないなーと感じています。

下地よりもしっかりとしたカバー力があるのだと思うのですが、ファンデーションと比較をするとどうしてもカバー力には劣るので、分類としてはカバー力のある下地としての意識があります。

商品コンセプトが「血色感」とのことで、ピンク系の色味があることで、肌のくすみが消えて肌トーンが上がるBBクリームとのことでとても気になる商品です。

最近はツヤ感のあるメイクが人気ということもあり、ツヤ感がだし、華やかな印象を与えてくれる肌感になれるのはとても魅力的です。

また、高保湿成分のスーパーヒアルロン酸や・フィルム化コラーゲン、ダメージから肌を守る、アルゲエキス・シラン根エキスを配合とのことで、多くの美容成分が配合されているのでメイクをしながらもしっかりと肌ケアができる点もとても魅力的です。

カバー力をメインにしているわけではないようなので、血色のある素肌感を出したいときなどの使用がピッタリだと思いました。

そして、なんといっても一番の魅力はこれだけの美容成分が入っているのにこの価格!という点です。

他メーカーのものだとこの価格では買うことができないので、安いのに確かな品質と実力にアテニアならではの商品力を感じました。

BBクリームとCCクリームの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です